1. こんな時にポスティノール2通販が良い   >  
  2. ポスティノール2の安全性

ポスティノール2の安全性

本の上のメガネとひまわり

アフターピルには1錠を1回飲むだけで良いタイプと、1錠もしくは2錠を2回に分けて飲むタイプなどさまざまな種類があります。

一番楽なのは1回の服用で良いタイプのアフターピルですが、その分1錠あたりの成分量が多いので、作用は強くあらわれます。
つまり副作用が強くあらわれやすい、ことも言えるのです。

ポスティノール2には、レボノルゲストレルが有効成分として用いられています。この成分は婦人科やクリニックで、緊急避妊薬として処方されるノルレボ錠と同じです。

さらにノルレボ錠のジェネリック医薬品であることから、効果や信頼性も高いといえます。しかし服用方法が、ノルレボ錠は1錠を1回でポスティノール2は1錠を2回に分けて飲むという違いがあるのです。

それは含まれる成分量の違いです。同じ有効成分ですが、ノルレボ錠1錠に含まれているものをポスティノール2は2錠に分けて、1錠あたりの成分量を半分にすることで副作用を抑えることにつながります。

体内で女性ホルモンと同じ働きをする有効成分が、急激に増えれば増えるほど普段とのホルモンバランスとの違いが出て副作用はあらわれやすくなるのです。

そこでポスティノール2のように1錠の成分量を半分にして、1回あたりの成分摂取量を減らすことで強い副作用はあらわれにくくなります。

ただし効果や副作用は個人差があり、2錠タイプに関しては2つ目を飲み忘れると効果が半減したり、1つ目の12時間後以上の間隔を空けてしまうと避妊効果は低くなってしまうので注意が必要です。

それぞれの特徴を知って、自分自身に合うアフターピルを見つけましょう。ノルレボ錠もポスティノール2も、正しい方法で飲むことで安全に高い避妊効果を得ることができます。